MENU
カテゴリ
TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[]
TwitterでつぶやくTwitterでつぶやく

 ■iPhotoがかなり使える

 数日前から来年度のカレンダーを作成しようと思い、なにか良いソフトはないかと探していた。思うようなものが見つからず困っていたが、iPhotoにカレンダーを作成する機能があったことを思い出し、さっそく試してみた。

 これが驚き。意外に「使える」のだ。

 今回はiPhotoを用いたカレンダーの作成について紹介する。

 ■iPhotoでカレンダー作成

 作成方法は簡単。カレンダーにしたい写真を選択したらカレンダーボタンをクリックするだけ。写真は12ヶ月分、つまり最低12枚は用意した方がよいだろう。ボタンをクリックするとテーマを選択するウィンドウが表示される。「大きい日付」を選択すると文字通り日付部分が大きくなる。その他のテーマでは、日付の大きさは変わらない。(下図参照)

カレンダーの比較
クリックすると右側(大きい日付以外のテーマ)のみ拡大されます。

 続いて、カレンダーに写真を配置する。「オートフロー」をクリックすると自動で写真が配置されるので簡単だ。手動で配置する場合は、右下の「←→」ボタンをクリックしながら、各月のデザインを決定していく。

 すべての写真が配置できたら、メニューバーから[ファイル]→[プリント]と進み印刷を行う。プレビューをするとわかるが、写真を配置したページとカレンダー部分のページで分かれて印刷されるようになっている。このため、A4に印刷する場合は、詳細ボタンをクリックしてレイアウトを「2ページ/1枚」に変更すると良いだろう。

レイアウトの変更
レイアウトの設定を変更する。

 ■カレンダーをAppleに印刷してもらうことも可能

 右下の「カレンダーを購入」ボタンをクリックすると、Appleがカレンダーを印刷して発送してくれる。この機能を利用すると市販されているような本格的なカレンダーが手軽に作成できる。料金は2500円(送料別)程度。ぜひ活用したい。




ブログパーツ   
スポンサーサイト
【2008.12.07】 TIPS
TRACKBACK(1) // COMMENT(0) []
PLEASE POST YOUR COMMENT












管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
http://ibadora.blog17.fc2.com/tb.php/72-6ffcd801
今年もiPhotoでカレンダーをつくる
今年も去年のカレンダーと、フォトブックに続き、iPhotoのプリントサービスでカレンダーを作りました。 Macプリンセス☆つんちゃんの一年分の写真から、選りすぐりの60枚をレイアウトして注文。 出来上がったカレンダーはすごく大きい! ドアップを使った表紙の写真は実
ビギナーB子のMac女王への道 【2009.01.09】 []
サイト内検索
サイト内のカスタマイズを検索できます!
RSS購読募集
RSSフィードに追加
こちらのアイコンよりRSS登録可能です。最新記事を配信しています!
ピックアップ
iPhotoで作るカレンダーMacを使えば5分でカレンダーが作れるのをご存知ですか??
iPhotoで始める新年

渋谷ヤマダデンキLABIの白戸家お父さんが、なんとクリスマス仕様にカスタマイズされています^^
渋谷のお父さんは今!?

新着カスタマイズ
当ブログで紹介しているカスタマイズ一覧

JailbreakMeでの脱獄人柱したよ!

MacでISOイメージを作成する

知られざるiPad-Paintingの世界

Zipファイルを解凍と同時に削除する設定


Copyright © 2005 かんたんmacカスタマイズ All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。